【寒川神社】八方除の神様からの御加護で、そこから開運!

2018/05/01
若草物語の31回目の旅は、美幸ちゃんとふたりで 神奈川県高座郡寒川町にある寒川神社へ行ってきました。

なっちんは元気に療養中のため、欠席ですが心配はいりません。

車を入手したことだし、ちょいと行ってみますか!
というわけで、GWの谷間となるこの日、珍しくゆったり二社をまわる旅へと出掛けてきました。

 

寒川神社

相模國一ノ宮で、全国唯一の八方除の守護神として約千六百年の歴史を持つ神社といわれていますが、創建の詳細は不明なんだそうです。

※神奈川県の一ノ宮は、ここ寒川神社と鎌倉の鶴岡八幡宮になります

御祭神は、寒川比古命(さむかわひこのみこと)と、寒川比女命(さむかわひめのみこと)の二柱です。

寒川神社は江戸から見て南西に鎮座しており、皇居の裏鬼門にあたります。
また、通常社殿は南向か、東向きに建てられるのですが、寒川神社は南西を向いています。

そのため、古来より関八州の守護神として、また江戸の裏鬼門をお護りする神社として崇敬され、とりわけ八方除・方位除の神様として信仰されてきたんだそうです。

最近ではパワースポットとして有名で、レイラインが多数ぶつかるポイントとなっています。

のんびり車の旅 相模國一ノ宮へ

 

この日の集合は、朝8時に小田急線の相模大野駅に集合でした。
車で美幸ちゃんをお迎えに上がります。

そこからコンビニでの休憩を挟みつつ1時間ちょっとで、寒川神社へ到着しました。

私は3回目の、美幸ちゃんは初めての参拝になります。

ようこそおいでませ、相模國の一ノ宮へ。

美しく変わった寒川神社

 

すごく綺麗な参道へと変わっていました。
以前は舗装はされていない参道でした。5年くらい前だったかな・・・。

参拝する度に綺麗に変わってゆく寒川神社・・・なんだか違う神社へ来てしまったような気持ちになりました。

 

目の前に神門が見えてきました。

美しい景色です。
吽の狛犬様が見切れてしまったので、お詫びを兼ねてピンでの一枚を掲載です。

ただ・・・あれ?寒川神社って、こんな感じだったかな・・・。
綺麗になりすぎて、いまいちピンときていませんでした。

サラリとした空気の寒川神社は八方除の神様

 

神門をくぐり抜けて御本殿を見た時、やっと「おお!寒川神社だ~」とホッと安心することができました。失礼ながら、やっと一致したという感じです。

いつも寒川神社で感じるサラリとした雰囲気が、整備されて整った境内の美しさがぴったり。

八方除の神様だと知らなかった頃、なんてサッパリした神様なのだろうと思っていました。

知らないと勘違いをする神様からの雰囲気

 

そう、願いを叶えてくれるというか、応援してくれる、後押ししてくれる感じの、温か味のある感覚がないのです。
あれ~?合わない神様なのかな?と思っていたら違いました。

八方除の神様だったのです。
祓ってくださるのが専門分野!

このサッパリとした感覚は、そうしたところから来るのだとストンと納得することができました。

いらないものを落としたら、そこから開運!

 

というわけで、また始まる御祈祷の後ろからこっそり、その御加護を頂きます。

願い事をする神様ではないかな・・・と感じるけれど、
お祓いの専門化の神様に祓って頂くことによって、サッパリとしたら、そこから開運が始まります。

悩み事や、心配事も、引き取って祓って軽くしてださる、そんな神様だと感じます。

神様からの応援は、そんな形もあるのだな・・・今回伺ってみて分かったことでした。

御祈祷を受けたら「神嶽山神苑」でお茶と和菓子を

厄年や、お祓いを受けたいなと思う時には、オススメとなる神社です。
なんせ八方除けの神様ですから。

御祈祷を受けられた方は、御本殿の奥庭「神嶽山神苑」に入苑する特典があります。
※3月上旬~12月上旬

庭苑を眺めながら、お抹茶と季節ごとのお菓子を頂くことができるそうです。
※拝服料:500円より

「大大吉」がある「幸運を呼ぶおみくじ」

 

そんな寒川神社のおみくじには、なんと「大大吉」があるんだそうです。
教えてくれたのは美幸ちゃん。

伏見稲荷での「大大吉」リベンジに燃えるべく、挑んできました!

それがこちらの「幸運(しあわせ)を呼ぶ おみくじ」(長い!)
期間限定なんだそうです。※3/1~11/30(長い!)

美幸ちゃん曰く「八番が大大吉なんだって!」

え~!番号まで知ってるの~?・・・ウケました。
それってインチキできるじゃん!

そんなことしても意味ありませんけどネ。
またワチャワチャになりながら、ちゃんと寒川の神様からアドバイスを頂いてきました。

結果「中吉」・・・から頂く大事なお言葉

そんな下心アリアリの私には「中吉」・・・ですよね~!

そのおみくじには寒川の神様らしい、背筋がシャンとするお言葉です。

心に刺さる言葉に、大大吉を頂けなかった残念さなんて吹っ飛ぶから不思議です。
おみくじに見入って、ふたりとも無言に・・・。

仮社務所で頂く御朱印

 

社務所だけは工事中で、こちらの仮設の建物で御朱印を頂いてきました。

並ぶことなく頂けました。
さ、休憩でもしましょうか。

参拝後の休憩には、お醤油だんごと八福餅

 

社務所前の南門から伸びる参道と並行する道には、お土産屋さんと、「八福餅」を売っているおだんご屋さんがありました。

美幸ちゃんは、この八福餅を買う!と心に決めてきていたようで、早速購入です。

後日、八福餅の感想を訊いてみると「めちゃめちゃ甘かった!」そうです。

和菓子好き、それも甘党有段者の方、ぜひオススメだそうです。

それと元気はつらつオロナミンC!

 

見上げれば、青空にきらめく新緑の美しさ。
そんな樹の下で、おだんごを頂きました。

おだんごにオロナミンCという、なんとも言えない組み合わせ・・・原因は私です。

とても暑かったこの日、シュワっとしたくなってオロナミンCをガッコンと販売機で買っていると、美幸ちゃんが焼きたてのおだんごを買って来てくれました。

この、自分のことしか考えていなかったオロナミンC!
恥ずかしくて手にしていたそれを、美幸ちゃんに「どうぞ!」と渡しました。

「う・・・うん、ありがとう」

ごめん!おだんごに合わないよね?やっぱり。
それより、自分の分だけ飲み物買ってて、ごめんなさい。

でも、何も言わずに受け取ってくれました。

焼き立てのお醤油だんご、美味しかったです。ご馳走さまでした!
お醤油の焦げた香りって罪だな~!

すっかり元気ハツラツとなって、次に向かうのでありました。

神社で過ごせば身体も心もリフレッシュ

 

久しぶりに寒川神社に伺ってみて素晴らしいなと感じたのは、改修に伴って、公園的な要素も取り入れられていたところです。

境内の神域はきっちりと保ちつつも、その他の空間はのんびりと過ごせるよう整備がされ、居心地よいものに変わっていました。

神社を守る鎮守の森の緑は、美しく気持ちのいいものです。

神域の空気にさらされて、身体も元気になることでしょう。

寒川の神様にさっぱりと祓って頂いて、のんびりベンチで過ごせば心もスッキリ!
そうして笑顔が戻れば、これぞ開運かな・・・と思いました。



本当にサッパリとした神様です

身も心も清めたところで、
伊豆島一ノ宮へと向かいます



スポンサーリンク
スポンサーリンク
レンタグル大336×280広告
スポンサーリンク
レンタグル大336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする